2010年02月05日

「現場任せ」が遠因=高松塚壁画劣化で報告書案−文化庁検討会(時事通信)

 奈良県明日香村の高松塚古墳(7世紀末〜8世紀初め)の国宝壁画がカビなどで劣化した問題で、文化庁の原因調査検討会(座長・永井順国政策研究大学院大客員教授)は1日、保存対策を組織的にチェックする体制の不備が劣化の遠因だったとして、同庁などによる「現場任せ」の対応を批判する報告書案をまとめた。
 発掘調査で「飛鳥美人」と呼ばれる女子群像などが描かれた壁画が見つかったのは1972年。同年には古墳の管理が同庁に移った。報告書案によると、度重なる人の立ち入り、カビなどへの対策が不十分なまま行われた工事など、複数の要因が被害を進行させたとみられる。 

【関連ニュース】
【動画】岡本太郎のモザイクタイル壁画下絵を初公開
【Off Time】アンコールワットの旅 探検家気分で遺跡めぐり
〔写真特集〕驚くべき自然 人類の英知 世界遺産
〔写真特集〕発掘・出土品
〔写真特集〕日本と世界の古文書

離陸滑走中、NZ機が急停止・車輪から煙…成田(読売新聞)
連続不審死、女を埼玉の殺人容疑で再逮捕(読売新聞)
被害者になるかも…不審死で警察が2人に警告(読売新聞)
学生音コン 入賞者演奏会と表彰式 東京大会(毎日新聞)
南九州市で竜巻=滑り台20メートル飛ぶ−鹿児島気象台(時事通信)
posted by オオブチ アツミ at 10:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。