2010年04月06日

今後チャレンジしたい運動は「ウォーキング」(産経新聞)

 ウオーキングは最もポピュラーな運動の一つだ。手軽さや心臓に負荷をかけない有酸素運動である点に加え、循環器系機能や新陳代謝を高める効果の裏付けもあり、ウオーキングへの関心や志向は他の運動に比べて高い。

 ウオーキングに関するイベントは全国各地で開かれている。最近では日本全国の市町村を完歩するという企画も登場し、知らない土地へのあこがれを満たし健康にも良いと、年齢を問わず支持が広がっている。

 忙しい現代人だが1日30分、距離にして約2キロ歩くことを習慣付けるだけでも心身の変化を実感できる。毎日続ければ1年で700キロ超を歩いたことになり、生活習慣病のリスクも軽減される。

 厚生労働省の試算では、日本人が歩くことで削減できる医療費は1人1歩当たり0・0014円。日本人が今より3000歩多く歩くことで、年間2700億円近い医療費削減が見込まれるという。(取材協力 日本ウオーキング協会)

【関連記事】
片足1・2キロの「重い靴」で脂肪燃焼
健康志向、不況で加速…アフター5に「ナイトラン」流行
【今、何が問題なのか】マラニック 癒やしのラン
京都でエコ通勤ブーム 街中にも自転車のステーション
音楽で走りを快適に 基本的な動きの習得に効果

大阪市斎場「心付け」 職員20人受領 3人に疑い(産経新聞)
足利事件 検証結果、最高検も公表 「本部係検事」を全国配置(産経新聞)
全国体力テスト、参加率18%に=事業仕分けで86%から低下−文科省(時事通信)
自転車欠陥で大けが 損害賠償求め輸入元提訴(産経新聞)
首相動静(4月4日)(時事通信)
posted by オオブチ アツミ at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。